MENU

「空き家の片付け」「シニアの整理」きっかけと計画をご提案。あなたのゴールまでサポートします

 納得できる「空き家の片付け」で、自信をもって次の行動に進もう

ご縁あって家にやってきたモノは手放しづらいものです。特に「亡き親御さんのモノ」の整理や自分の頑張った証、「家族の想い出」、切なくて扱いに悩む方がとても多く、「空き家放置の要因」の上位にあがっています。今後も空き家は増え続けるでしょう。たくさんの相談を受けてゴールに導いてきたからこそわかることがあります。

相談者の多くは、捨てる方法だけや業者を探すことだけを相談しているんじゃない「片付けに着手できない言葉にできない気持ちや、親族のコト、タイミング、費用、遠方、いろいろなわが家の空き家の事情」も理解してもらいたいと云われます。だからこそ、あなたに合った方法を一緒に考えています。

いざ、売却!でも全く手つかずのモノばかり・・要らないモノは出しておいてくださいね・・といわれるけれどそれができないから困ってるのに。親が逝ってそろそろ5年、整理しなきゃ!わかってる。近所にも迷惑。捨てるんだけど、その前にきちんと見たい。でも遠いし、時間がないし、処分するんだけどいきなりバッサバッサと捨てられたら嫌だなあ。実は、その捨てる前の行動が今後の人生にも一番重要なことです。片付け相談ですべての悩みやモヤモヤを明確に。

 

ご相談者から「こんな人、やっとみつけた」と云われます。私も嬉しくて感謝です。

空き家は、タイミング・チャンスをのがさないための片付けは大事です

  • 長年の空き家の悩みを色々と事情も聞いてもらって、やることがわかった。不思議と話せる人だった。
  • 物件の次へのチャンスがやってきた! 最後まで関わってもらって心強かった 業者の方も良い人ばかりで安心だった
  • 問題は親族の事だと気づかされた 親の縛りからやっと解放されたが、一緒に片付けて親の暮らしを学ぶ事もあった
  • 家族がいなくて一緒に片付けてもらったら全部確認できて安心
  • アドバイスで、きっかけをもらったら自分たちでもできた 田舎でも諦めなくて本当に良かった
  • 新幹線代と日程で言い訳をしてスルーしていた 遠いのにできる事がたくさんあって驚いた
  • 私に必要な業者や自治体との連絡、名義変更や相続相談もしてもらって安心した

片付けたい!一歩を踏みだしたい方が、捨てなくちゃいけない・・でもどうしようから解放されたいですね。

捨てられないモノもあって当然ですよ。
「片付けられない何かに悩んでいる」たくさんの所有者の方をもっともっとサポートしたいと心から思います。

 

■片付けのサポートと空き家対策の取組み

空き家の家財片付け相談

katazuke

私の空き家の中を見て、聴いてほしいという声に応えます。どこからどうやって片付ければいいのか、誰に相談すればいいのかわからないという所有者の方が多いのが現実です。

詳しくはこちら

空き家活動取り組み

ws

空き家問題は全国、市町環境により、違った取り組みになることも考えられます。「要は人」であり、根本には生き方暮らし方に向き合うことも大事。所有者を置き去りにしない対策を。

詳しくはこちら

講演・セミナー

seminor

モノに向き合う現場や相談者の生の声には、想像もつかないミクロな問題や、行政・企業の取り組むべき課題があります。対策・目的に合せて研修会や講演会でお役立てください。

詳しくはこちら

 

■空き家対策の仕組みづくり支援

 

一般社団法人さくらブリッジ

rogo002

行政や地域、企業様と連携して、地域での空き家対策活動の仕組みづくりを支援しています。

詳しくはこちら

ひろしま空き家バンクみんと

mint001

ひろしまを、見てみんと。
新しい自分が芽吹く場所、探そう。

詳しくはこちら

空き家片付け勉強会_廿日市市 吉和地区

yoshiwa

モノの問題だけではない個々の事情がある
空き家の家財整理

詳しくはこちら

■家庭向け防災備蓄収納の見直しサポート

防災備蓄収納1級プランナーが、あなたの大切なご家族の命を守るために
考えられることをアドバイスします。

災害は、いつどんな時に起こるのかはわかりません。

その時のための対策や備えは確実に必要です。そして対策は、これまでのイメージでは行政や地域だけが考えることだと思う方も少なくありません。ですがまずは自分・家庭で考えておくことが今、求められています。想像を超えるような様々な災害に直面し、大変困難な暮らしを強いられることが今、起こっています。それに対する家庭の備えの考え方や準備は、各家庭により違うこともあります。

防災備蓄収納

 

    PAGE TOP